yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
20.我欲を抑える「仏棚」をつくる
です。

 お寺の本堂はたくさんのご縁にいかされていることを感じる空間。そこにいるだけで自然と背筋が伸びて心が穏やかになる。部屋のなかにも、心の拠り所となる”仏棚”をつくってみよう。仏棚は、風通しの良い場所を選び、「本尊・香・華・灯・水」を置く。本尊は仏像に限らず、大切な写真や思い入れのあるものでOKだ。お気に入りのお香や花、キャンドルを選び、朝イチに新しい水を供えて火を点す。そして、ほんの数秒でいいので美しく合掌すること。
また、お土産やお菓子、うれしい手紙をもらったときは、まずは仏棚に供えて自分ではなくご縁でいただいたのだという意識を持とう。仏棚で喜びも悲しみもシェアする感覚を育めば、我欲を抑えられる。


部屋の中に、自分にとって特別なスペースがあるっていいですね。昔の人にとってはそれが仏棚だったり、仏壇だったり、神棚だったりしたのだと思います。しかし現代の日本人、特に若い世代が自分の部屋に仏棚や仏壇や神棚を置くのは抵抗があるでしょう。

ただ、ここで勧めている仏棚は特に仏像にこだわらず、大切な写真や思い入れのあるものでもよいとしています。これなら抵抗なくやってみれそうですね。

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
19.細かい筋肉を活性化する「雲水歩き」を心がけて
です。

 禅僧は、身体の力を抜いて地面を蹴らずに”触れる”感覚で歩く。人間は全身の力を抜くと前に倒れる。つまり歩くとは、「少し踏みとどまる」こと。力をゆるめたり、踏み止まったりを繰り返すだけで、体は前へ進んでいく。
まずは、「17.立つ」の姿勢から片足を出し、足裏全体でしっかり地面に触れた後、ゆっくり重心を移動する。重心を抜いた後ろの足を地面から浮かせて、床から紙一重に保ってすり足で足を運ぶ。この歩き方を続けると、全身の細かい筋肉が活性化し、贅肉のない引き締まった身体になっていく。


歩き方一つとっても、禅僧にとっては鍛錬の一環なんですね。例えがうまくないかもしれませんが、ファッションモデルのウォーキングなんかを見ていると、確かに歩き方がかっこいいと魅力的ですよね。

歩き方を変えることで筋肉の使われ方が変化し、引き締まった身体になるというのが驚きです。

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
18.骨盤のバランスもよくなる「五重塔座り」を心がけて
です。

 日本人の身体性の根本は、背もたれを使わない座り方で培われてきた。背骨と骨盤を運動させてバランスをとると、身心の自律と循環が促されていく。実は、五重塔はこの人体の構造を真似たもの。震災でも倒れない強さの秘密は、自然に逆らわない構造だ。骨盤を立て、頭の重さを背骨全体に分散させ、耳と肩、鼻とへそを揃えて座ってみよう。椅子の背もたれを使わずに浅く腰かけグッと丹田を引き締めるのがコツ。続ければ、お腹回りも引き締まる。


背もたれを使わず背筋をピンと伸ばして座る。一見背もたれに寄りかかったほうが楽そうに思えます。でも自然に逆らわない姿勢でいるほうが楽なんでしょうね。

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
17.体幹がしっかりする「禅僧立ち」を心がけて
です。

 禅僧の立ち姿は凛としてとても美しい。背筋がまっすぐに伸びているのに緊張はなく、身体のバランスがとれている。実は、禅僧の修行は、ただひたすら立つことから始まる。お経を読む間、先輩を待っている間、立つというシンプルな動作を続けるうちに、身体のクセが取れていくのだ。
禅僧の立ち方の基本は、足の指を広げ足裏全体で地面を感じること。耳と肩、鼻とへそを揃えて目線は水平線を見るときのように遠くへ投げる。立ち方をマスターすれば、体幹がしっかりし、脚もスッキリ細くなってくる。


都心に住んでいる人の多くは、電車で通勤していることと思います。そして多くの人は、通勤電車の中でずっと立ちっ放しなんだと思います。その電車で立っている時間を、ちょっとしたエクササイズの時間だと思って、姿勢を正してみるなんてのもいいかもしれませんね。

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
16.謙虚な心を養う「長跪」を心がけて
です。

 禅僧は、大切なモノを扱うときには「長跪(ちょうき)」という膝立ちの姿勢をとる。立っている状態から音を立てずに滑らかに片脚ずつ膝を床に下ろし、丹田を引き締めて胸を開き、足の指先はきれいに伸ばす。背中を丸めず、耳と肩、鼻とへそを一直線に揃えることを意識すると、美しい長跪の姿勢がとれる。
モノを扱うときには長期して、モノに目線を合わせよう。身の回りのモノを大切に扱うと謙虚な心が育まれ、自分自身をも大切にすることにつながる。


普段の生活の中で、この「長跪」という姿勢を習慣付けるのは、正直僕はできないなぁと思ってしまいます。習慣として身につくまえに堅苦しくて疲れてしまいそうです。

でも、その心構えは参考にしたいと思いました。大切なモノを扱うときは、丁寧に取り扱う。そうすることで、モノに対して愛着もわくんじゃないかなと思います。