ホットヨガとは

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、室温を40度、湿度を55%程度に保った状態で数種類のポーズを行うスタイルです。

 

最大の特徴は発汗作用がもたらすさまざまな効果です。高温多湿の室内で行うため、気持ちよく汗をかくことができます。

 

具体的には次のような効果があるといわれています。それぞれの効果についてはリンク先の解説ページを参考にしてみてください♪

 

 

美肌やダイエット効果だけでなく、多くの女性の悩みである冷え性や便秘にも効果があるんですね!

ホットヨガの歴史

ホットヨガのルーツは、インドのカルカッタ出身のビクラム・チョードリー氏によって創始されたヨガといわれています。1970年頃の話なので、ヨガの歴史の中では最近できた流派といえますね。

 

以下、wikipediaからの引用です。

 

ホット・ヨーガの有力なルーツとして、ビクラム・チョードリーが考案した、ビクラム・ヨーガがある。1970年頃にビクラム・チョードリーが東京に来日しヨーガスタジオをオープンした際に、冬の凍てつく寒さのあるスタジオでは本場インドとは気候の異なる環境になるため、寒さを凌ぐために当時のビクラム・チョードリーの生徒たちが自宅にあるストーブを持ち寄って部屋を暖めてヨーガのレッスンを行ったのが原型とされる。その後、ビクラム・チョードリーが開設するアメリカのスタジオで日本と同様に暖房器具を使い、ビクラム・チョードリーが試行錯誤の末に、温度40度・湿度55%の室内環境下で2種類の呼吸法と26種類のアーサナの組み合わせを行うヨーガを考案。

 

ホットヨガは、ヨガの系譜としてはハタヨガの一派として分類されています。

 

ハタヨガとは、一連のポーズを取ることで身体的な修養を目的としています。エクササイズやダイエット目的のヨガはすべてこのハタヨガが源流であるといわれています。

ホットヨガは難しい?

ヨガは、様々なポーズを取ることで心身を整えていきます。

 

ホットヨガで行われるポーズは、簡単なアーサナ(ポーズ)が中心ですので、ヨガをしたことがないという未経験者の方でも気軽に始めることができます。

 

むしろ、普段運動不足で体が硬いという方は、体温上昇が早いホットヨガのほうが体の柔軟性が高まるので向いているといえます。

 

ホットヨガのスタイル

ホットヨガと一口に言っても、さまざまなスタイルのクラスを提供しているスタジオが増えてきています。

 

創始者のビクラム・チョードリー氏が提唱した内容を実践するビクラムヨガをはじめ、岩盤プレートを用いたスタジオや、ホットヨガの熱さが苦手な人向けに、室内をほどよい温かさにしたスタジオなどなど。

 

自分に合ったクラスやスタジオを探すのもまた、ヨガを楽しむ秘訣かもしれませんね。

実際に体験してきました♪

ホットヨガLAVA

おそらく日本で一番人気のあるホットヨガスタジオのLAVA(ラバ)へ、WEBから予約をして実際に体験してきました!(※店舗は銀座本店のほうです)

 

最初に結論だけ言っておくと、、、

 

 

めっちゃ汗かきます!
そしてめっちゃ気持ちいっす!!

 

スタッフさんの対応もフランクで親しみやすく、さすが日本最大級のスタジオだなぁと思いました☆ 

 

実際に行ってきた時の様子をまとめたので、よかったら参考にしてみてください^^。

 

>>>体験レポートを読む

トップページ ホットヨガの効果 スタジオ実体験レポート おすすめウェア happitトップへ