前回に引き続き、ビジネス書・自己啓発本について書きます。今回は、なぜ僕はビジネス書や自己啓発本を読んで実践しても持続させることができなかったのか?について考えてみます。

前回もお話しましたが僕の今までの経験を振り返ってみると、次のようなパターンを延々と繰り返していました。

①本を読み、なるほどと関心しながら「よし、明日から試してみよう!」と思い実践してみる

②数日経つと、忙しい日や疲れてる日が必ずやってくるので、その日はサボる

③一度サボると急に熱が冷め、再開するのに一苦労する

④実践することがだんだん義務化してきて、苦痛に感じ始める

⑤「忙しいから」、「やり方が自分には合わない」などと自分に言い訳をして諦める

⑥また本屋に行って別の本を見つけ「あぁ、こっちのやり方ならできるかも!」という気になる

⑦レジに並びお金を払う

⑧①に戻る

ビジネス書や自己啓発本に書いてあることを実践し続けられない理由は②と③あたりにありあそうです。

忙しい日、疲れてる日がやってくるのは避けようがない

忙しい日や疲れてる日というのは、現代社会に生きる我々にとって、避けようがないことでしょう。

例えば、僕はシステムエンジニアなのですが、自分たちが作ったシステムが本番で障害発生しているとの連絡が入ったのに「いや、今日は自分友だちと飲み会あるんで」と言ってスタスタ帰れるほど僕は心臓が図太くありません。

そうなると、忙しい日や疲れてる日がやってくるのを前提として、実現できる方法を見つける必要がでてきます。

アメリカ発の自己啓発本は思想がマッチョ過ぎる

自己啓発本の中でも有名なのは
思考は現実化する
人を動かす
7つの習慣
あたりでしょう。

このあたりの本に書かれていることは、なるほどと思うものの、いざ実践してみようとするともの凄くエネルギーがいるのです。常に自分の気持ちをアッパーな状態に持っていかないと、続けられるものじゃありません。そして、そもそも気持ちがアッパーじゃないから自己啓発本などに解決策を見出そうとしている僕のような小物にはキツいのです。また忙しい日や疲れてる日には特にやる気が失せます。

何というか、考え方がマッチョ過ぎるんです。

いかにも強い国アメリカ!的な思想が根底にあり、冷静になってみると「正直ついてけないわー」と思っている自分がいることに気がつきました。

ただ7つの習慣で提唱しているコンセプト自体はすごく納得のいくもので、さすが大ベストセラーにだけあるなと思います。

ビジネス書・自己啓発本は栄養ドリンクみたいなもの

自己啓発や成功法則に関するビジネス書なんて、しょせんはコンビニで売っている栄養ドリンクみたいなもの。過剰なカフェインや糖分で一時的にテンションが上がり、元気が出たような気になったりもしますが、効果のほどは正直よくわからない

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない (マイナビ新書)より


まさに僕の場合もその通りでした。あの手の本て、読んだその瞬間はテンションが上がって自分でもできそうな気がしてくるんですよね。

でも著者の置かれた状況や才能の向き・不向きと、自分自身が置かれた状況にはギャップがあり、そのギャップは自分で埋める他ありません。

ビジネス書・自己啓発本を多読することの矛盾

ビジネス書・自己啓発本を読んだだけでは何も変わりません。そこに書かれていることを実行に移し、持続させて始めて効果が出る(かもしれない)のです。それなのにこれまで僕は、ビジネス書・自己啓発本を次から次へと読み漁っていました。読んでばかりで行動に移さない、それがよくない。

先ほどの『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』の著者は、ビジネス書や自己啓発本を受験生にとっての参考書や問題集、あるいは恋愛マニュアル本にも例えています。

受験の時、合格するか不安なあまり、手当たり次第に参考書を買った記憶があります。しかし買ってもそれらを全てできるわけではありません。結局1冊か2冊に絞り込んだものを熟読したほうが身になりました。

また恋愛マニュアル本を読んでそのとおり実行しても、どこか上滑り感漂う振る舞いになってしまって相手の心に響きません。

最終的に行き着いたところ

ビジネス書・自己啓発本をいくら読んでも自分は変われないんだということが分かってきました。それでも、幸せ不感症体質を治したいと思っている僕は、現状を何とかしたいと思っているわけです。そんな状況で現時点で僕が行き着いたところは、
瞑想
YOGA
ZEN(禅)
です。

まだ始めたばかりなのですが、今までにない感触を得ています。

僕は今までビジネス書が好きでした。自己啓発本も好きでした。でももう読むのはやめようと思いました。それはなぜかというと、何冊読んでも結局自分を変えることができなかったからです。

ここでいうビジネス書・自己啓発本とは、いわゆるハウツー本やマニュアル本、成功本のことをさしています。

なんでビジネス書・自己啓発本を読みたくなるんだろう?

そもそもなぜビジネス書や自己啓発本を読みたくなるかというと、その本の中に自分が抱えている悩みの解決策が書かれているんじゃないか?と期待するからです。もしくはその本の中に書かれていることを実践すれば、もっとよりよい人生を歩めるようになるんじゃないか?と期待するからです。

そして書店に行くと、煽り過剰のタイトルや宣伝文句と共にたくさんの本が陳列されている。ずっと眺めているとそこには何だかすごくお得な情報が書かれていて、読んでおかないと損するんじゃないかという気にさせられ、本を手に取りレジに並ぶのです。そして家に帰り本を読みながら「よし、これでまた一つ賢くなれるぞ」だなんて思ったりするわけです。

ビジネス書・自己啓発本を買った後のよくあるパターン

僕の今までの経験を振り返ってみると、次のようなパターンを延々と繰り返していました。

①本を読み、なるほどと関心しながら「よし、明日から試してみよう!」と思い実践してみる

②数日経つと、忙しい日や疲れてる日が必ずやってくるので、その日はサボる

③一度サボると急に熱が冷め、再開するのに一苦労する

④実践することがだんだん義務化してきて、苦痛に感じ始める

⑤自分の意志の弱さにひとしきり自己嫌悪する

⑥「続けられないのは忙しいから」、「やり方が自分には合わない」などと自分に言い訳をして諦める

⑦また本屋に行って別の本を見つけ「あぁ、こっちのやり方ならできるかも!」という気になる

⑧レジに並びお金を払う

⑨①に戻る

ではなぜ持続させることができなかったのか?という点を次回掘り下げて考えてみようと思います。

fans

6月に入ってすっかり暑くなりましたね。今年もエアコンのお世話になる季節がやってきました。

最近のエアコンは高性能になり、音もだいぶ静かになりましたが、一昔前のエアコンはその音が結構うるさかったものです。

“ヴーン”という一定のノイズが出ていて、最初はうるさいなと思うのですが、しばらくすると気にならなくなります。これは、脳が耳から入ってくるその音を不要な音、意識して聞く必要のない音として捨てているためです。

意識の上ではノイズが気にならなくなっても、脳は絶えず聞こえている音をなかったこととして処理し続けているわけで、負担がかかっている状態です。

エアコンのスイッチを切ると、それまで聞こえなかった(意識していなかった)音が消え、本当の無音になって頭がスーッと軽くなる感じを経験したことはないでしょうか?

普段の生活にも、このエアコン・ノイズみたいなものがあります。すっかり生活の一部に定着してしまって気づかないけど、実は気にしないように脳が無意識のうちに処理していることがあると思います。

  • 見たい番組があるわけでもないのにつけているテレビ
  • 宛先がCCで送られてくるメール
  • 過去一年間、一度も着たことのない服
  • 過去一年間、一度も開けたことのないダンボール

これらの行為や物はできることならきれいサッパリ止めるか捨てるかしちゃいましょう。いわゆる断捨離ですね。まぁ送りつけられるメールは仕事上拒否できないかもしれないので、まずは自分の力の及ぶ範囲でやってみるといいと思います。

僕も去年あたりから身の回りのエアコン・ノイズの除去に取り掛かりました。着ない服を捨て、乗らないスノボを友人にあげ、本も半分以上減らし、お気に入りだと思える物以外は思い切ってほとんど捨てました。

そしたらどうでしょう、綺麗に片付いてスッキリしただけでなく、何か心の負担が軽くなったような気さえしました。特にスノボは手放す最後の瞬間まで未練が残りましたが、いざ手放してみると実は自分にとって負担になっていたことがよく分かりました。というのも、スノボを見るたびに「今年こそは雪山いって滑らないともったいない」という半ば強迫観念じみた思いを抱かされていたからです。

断捨離や片付けの本が多数出ているので、どれか一冊買ってモチベーションを上げつつ、ガッとテンション上げ上げで捨てまくるといいと思います。一度弾みがつくとあれもこれも捨てたくなり、しまいにはお気に入り以外の物が残っているほうが気になってくるようになりますよ。