ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


ヨガでダイエットはできるのか?『ヨガを科学する』読書ノート

数千年の歴史を持つヨガについて科学的にアプローチし、俗説の真実解明に迫った本『ヨガを科学する』の要点についてご紹介します。

今回は「ヨガでダイエットはできるのか?」です。その結果は意外なものでした。

ヨガでダイエットはできるのか?

ヨガに興味がある人、またヨガを実践している人たちの中で、一、二を争う関心ごとが、「ヨガって痩せられるの?」ということではないでしょうか。

ダイエット目的で始める方も大勢いますし、ヨガ関連の書籍やDVD、フィットネスクラブなどで「ヨガで健康的にダイエット!」的なことをキャッチコピーにしています。

では、ヨガにはダイエット効果があるのでしょうか?

有酸素運動とダイエット

本書で紹介している検証の数々は、直接痩せるかどうかの検証をしている訳ではありません。

かわりに、ヨガには有酸素運動としての効果はあるのか?ということを、他のエクササイズと比較しながら検証した結果が紹介されています。

有酸素運動というのは、一言で言うと酸素を消費する運動のことです。そして、有酸素運動では体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費されます。そのため「有酸素運動はダイエットにいい」と一般的に言われています。

有酸素運動をすると、脂肪消費だけでなく、心臓発作や心疾患のリスクが低減することも研究で分かっており、糖尿病、脳卒中、肥満、抗うつ、認知症、骨粗しょう症、高血圧、胆石、数十種類のガンの有病率も減少することが研究によって示されています。

また、有酸素性能力があるかどうかは、「最大酸素摂取量(VO2max」という指標で測定されます。

有酸素運動に関する研究事例

さて、その有酸素運動ですが、ヨガを実践した場合にも有酸素運動となり得るのでしょうか?1989年、アメリカのデューク大学で行われた実験結果は、次のようなものでした。

1989年に発表された結果は明瞭であった。有酸素運動群はVO2maxが有意に向上し、最大酸素摂取量が12%上昇した。しかし、ヨガを行った人々には一切向上がみられず、実際には、統計的に有意ではないものの、わずかな降下が確認された。

その後、ヨガの中でも比較的運動量が多いと言われるスーリヤ・ナマスカーラ(太陽礼拝)についても研究が行われましたが、「確かに汗はかくけれども、有酸素運動ではない」という結果が出ています。

ヨガには有酸素性能力を向上させる効果はない

ヨガのダイエット効果=有酸素性能力について、本書では次のようにまとめています。

ヨガには心身にとって極めて有効ながら、有酸素性能力は全くと言っていいほど効果がないという統一見解が示され、数十年に及ぶ不確実な状態に幕が下ろされた。

残念ながら、ヨガだけやってもランニングや水泳といったエクササイズほどのダイエット効果は期待できないようです。

そのため、純粋にダイエット”だけ”をしたい、という人はヨガ以外のエクササイズや方法を試されたほうがよさそうです。

ただ一方で、興味深いことを語っている学者もいました。

「ヨガは、心と、そして願望に作用します。だから、食べる量が少なくなるのです」

ヨガを実践することによって、いっぱい食べたい!という欲望が抑えられれば、結果として太らずに済むということですね。

ヨガをしている人に痩せていてキレイな人が多いのは、メンタル面からキレイになっているからなのかもしれません。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す