ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


禅僧の「開枕」でスイッチオフ! 〜プチ禅メソッドその15〜

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
15.禅僧の「開枕」でスイッチオフ!
です。

 禅僧の修行道場の1日の終わりは「開枕」。眠ることも大切な修行のひとつだ。「疲れたから」「やる気がないから」と布団にもぐりこんで寝るのではなく、「枕を開く」という能動的なスタンスで「眠る」という行為をはじめるのがポイントである。
まず、食事は夜7時頃までにいただく。どうしても食事が遅くなる場合は固形物を避ける工夫をしよう。内蔵を休めることで身体の回復度もアップ!翌朝はスッキリ起きられるはずだ。眠る前には、出しっぱなしのモノがないか部屋の中をチェック。モノを定位置に戻して
”眠らせる”ことで、身体が心地よく眠れる環境がつくれる。冷蔵庫など切れないものを覗いて、家電もすべてスイッチをオフするようにしよう。


寝るという行為を、能動的に行うという発想はなかったですね。大抵疲れてたり酔っ払ってたりしてそのまま気がついたら寝てた、というパターンが多いです。

そして自分自身だけでなく、身の回りのものも一日の終りに”眠らせる”という考え方も新鮮でした。使ったら元に戻す、使いっぱなしの状態で放置しない。そうやって身体もモノも一旦スイッチを切ることで、翌朝スッキリした気分で朝を迎えられるんだと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す