ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


本を読むときも「禅僧の姿勢」を心がける 〜プチ禅メソッドその12〜

yogaジャーナル日本版vol.24で特集されていた、「心の疲れをとる!禅入門」の中から、毎日気軽に実践できる20のプチ禅メソッドを数回に分けて紹介していきます。

今回は、
12.本を読むときも「禅僧の姿勢」を心がける
です。

 夢中で本を読んでいると、ついつい姿勢は乱れがち。机やテーブルに肘をついてしまったり、ベッドに寝転んでいることも多いのではないだろうか?だらしない姿勢は腕や肩に負担がかかり、りサックスしているつもりが肩こりの原因をつくることにもなりかねない。読むときは、本を机に寝かさないこと。目線と本が平行になるように、本を斜め45度に立てて手で持ってみよう。肩や首が前傾しにくくなる。体重はあくまで骨盤の上にしなやかにのせるように意識すれば、肘に重心をかけることもなくなる。
 読み方を変えると、同じ本でも言葉の感じ方が違うことに気づく。姿勢や身体のクセは、心のあり方に深く関係している。読み方を変えれば、読書の質も変わってくるはずだ。


楽な姿勢って実は楽じゃないんですよね。少しの間なら楽な姿勢のほうがいいんですけど、長時間となってくると身体のどこか一部に負担が集中して、そこがこってきたり痛み出したりします。

正しい姿勢というのは見た目に美しいというだけでなく、身体全体で負荷を分散するので長い時間同じ姿勢でも比較的疲れにくいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す