何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第八章」では、ヨーガと禅のつながりについて説明しています。

一般的なヨーガのイメージは、たんなる体操法であったり、ダイエットや美容に効果的、といったものだと思います。実際のヨーガはもっと大きな体系をもつもので、その体系の最後にくるもの、いってみれば最終目標のようなものが瞑想です。

ヨーガは宗教だろうか

先ほども述べたように、ヨーガというとダイエット法や健康法の一種、といったイメージが強いため、宗教の一種だと思う人は少ないような気がします。今ではスポーツジムでもヨーガプログラムがあるため、ジョギングや水泳といったエクササイズと同類の印象を持つ人のほうが多いのではないでしょうか。

ヨーガでは、眼に見えない世界、スピリチャル的な世界を信じます。その姿勢は宗教というよりも哲学の立場に近いものです。ヨーガは、ただ祈ったり神にすがったりすれば力が得られるとは考えません。正しい方法で自己訓練することによって、自分の中から力がわいてくるものと考えています。

フランスのヨーガ研修者であるポール・マッソン=ウルセルは
「(ヨーガは)一種の自己実現のための実修である」
と言っていて、ヨーガは宗教ではなく哲学だと理解しています。

ヨーガの流れをくむ日本の禅は、他の仏教宗派よりも宗教性は薄く、哲学的要素が強いと言えます。

ヨーガは、自分自身の人生観を哲学的に確立することをめざすもので、天風は
「瞑想などの方法はぜひ私の言う通りにしなさい、しかし、私の人生観は私のもので、信ずるか、信じないかは、あなた方の自由です」
と言っています。

ヨーガとは「結びつける」ということ

ヨーガという言葉の語源的な意味は「結びつける」ということです。何と何を結びつけるのか?解釈はいろいろあるようですが、著者の考えでは、自分の心と体を結びつけることで、その結果自分が大自然と結びつくのではないかと考えています。

現代文明は、理性とか知性を高く評価しすぎています。人間のもつ身体性や肉性も無視せず、その両面を高めることが重要だと著者は言っています。

アメリカの精神分析学者であるエーリッヒ・フロムはこう言っています。
「禅仏教は、インドの合理主義と抽象性と、シナの具体性と現実主義のひとつの渾然たる融合である」
つまりはインド・ヨーガの合理的、抽象的哲学が、中国で具体的、現実主義的な知恵と一つになって禅がすばらしいものになったということのようです。
著者はこれに加えて
「禅は、さらに日本の芸術性、様式性と融合して、よりすばらしいものになった」
と言っています。

今回は「第八章」についてまとめました。

1990年代に、オウム事件がありました。そのオウム真理教が勧誘の入り口としてヨーガや瞑想が使われていました。そのため当時は「ヨーガ=新興宗教=どこか怪しげ」という印象を持つ人が少なくなかったようです。(仕事で疲れたら、瞑想しよう。 1日20分・自分を浄化する習慣 (ソフトバンク新書)より」

その後、美容法としてのヨーガが特に女性の間に広まり現在に至っているのだと思います。

次回は「第九章〜おわりに」までをまとめます。

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第七章」では、瞑想と坐禅の違いについて説明しています。

坐禅も瞑想もほぼ同じです。ただ坐禅というと、禅宗の修行という印象があります。瞑想は特定の宗教に限らず座って心をしずめる方法をさします。ですので数ある瞑想方法の一つが坐禅である、と考えてよいでしょう。

坐禅のルーツはヨーガです。ヨーガでは瞑想を「ディヤーナ」といいます。この「ディヤーナ」が古代インドから中国経由で日本に伝わり、日本独自に発展していったものが禅だと考えられます。

中村天風はヨーガの瞑想によって悟りをひらき、帰国後に禅宗も研究しました。その際ヨーガと禅のあいだに共通するものを発見し、自身の瞑想法を「ヨーガ式坐禅」とも呼称しています。

また瞑想という漢字以外に「冥想」という漢字が用いられることがあります。瞑想と冥想は、意味的には同じです。ただ「冥」には「冥土」「冥界」という単語があり、「死後の霊的な世界」を連想させます。そのため「冥想」よりも「瞑想」が広く使われるようになったと思われます。

今回は「第七章」についてまとめました。次回は「第八章」についてまとめます。

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第六章」では、瞑想をするときの正しい姿勢について説明しています。

そもそも著者は、最初はあまり姿勢にこだわらないほうがいいと述べています。姿勢にこだわるよりも集中から無我無念への過程を体感することを先決させたほうがよいという考え方です。そして瞑想の無我無念の気持ちがわかってきたら、正しい姿勢をもとめるのがよいということです。正しい姿勢のポイントは、背筋をまっすぐ垂直に伸ばすことです。

足の組み方

足の組み方には
・半跏趺坐(はんかふざ)
・結跏趺坐(けっかふざ)
・正座(せいざ)
・胡座(あぐら)
などがあります。またケガや身体の痛みを抱えている人は、椅子に腰かけたり仰向けに寝たりしてもよいのだそうです。これは体に故障があって不自由な人でも、心は自由にコントロールできることを意味します。

手の組み方

手の組み方は
・阿弥陀の印
・法界の印
・手を膝の上にのせる
などがあります。どれでもかまわないのですが、印をつくる(親指と人差し指で丸い印をつくる)ほうが気持ちがひきしまります。

瞑想のための下準備

瞑想を始めるまえの下準備として次のことを行います。
「調心」・・・心をととのえ、清らかに、静かにしておくこと
「調息」・・・呼吸をととのえること
「調身」・・・体の調子をととのえること
これは禅でもヨーガでも行われます。

瞑想をする場所やタイミング

瞑想は静かで清潔な場所で行うのが望ましいですが、いちど無我無念の境地をつかめば電車やバスの中や多少騒がしいところでも瞑想はできるそうです。
「瞑想は無邪気な気持ちでやる」
のがいいんだそうです。

また瞑想をさけたほうがよいときというのは次のようなときです。
・食後・・・血液が胃のほうに集まっているため集中しにくい
・お酒を飲んだ後
・お風呂上り

今回は「第六章」についてまとめました。

瞑想をするにあたって、必ずしも正しい姿勢である必要はないんですね。身体の状態は人それぞれ違うので、自分にあった姿勢を見つければいいですね。

次回は「第七章」についてまとめます。

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第五章」では、第四章に続き瞑想の実践方法を紹介しています。

第四章では「一点注視法」という、ある特定の対象(例えば丸く黒い点)をじっと見つめることで集中力を高める方法を紹介していました。

第五章では「一音傾聴法」という、ある特定の音にじっと耳を傾けることで集中力を高める方法を紹介しています。

この方法が著者はいちばんおすすめだといいます。理由は、この方法だと眼を閉じる必要がなく「半眼」と呼ばれる状態で瞑想ができるからだそうです。

「半眼」とは、目を半開きにした状態です。目を完全に閉じてしまうとどうしても眠気をもよおしやすくなります。半眼は眠気防止になるので瞑想に向いているというわけです。

ではどんな音が適しているのかというと、単純な音がよいようです。例としてはブザー音や鈴の音をおすすめしています。

30〜50秒くらいの長さでならし、1〜3分間隔で聴くとよいそうです。

瞑想は、集中さえすればあとは自ずからやってきます。つまり瞑想状態になろうと思わなくても、条件が整えば勝手に訪れます。

音が鳴っていてその音に傾聴しているとき、無我一念の状態になります。そして音が消えたとき、つまり集中の対象がなくなった一瞬に、無我無念の状態になるのだそうです。

今回は「第五章」についてまとめました。次回は「第六章」についてまとめます。

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第四章」では、瞑想の実践方法を紹介しています。

瞑想は、何も考えない状態になるために行いますが、その準備として何か一点に集中する必要があります。中村天風直伝の集中法は二種類あって、第四章では視覚を使う方法を説明しています。もうひとつは聴覚を使う方法で、それは第五章で説明しています。

視覚を使った集中法は、なにかをじっと見て、意識を集中させます。どんなものがいいのかというと、できるだけ単純な形がよく、丸い黒い点がいちばん集中しやすいといいます。

例えばこんな点です。

black_point.001

そして黒い点をじっと見つめてから眼を閉じると、眼底の網膜の上に黒い点が反転して白っぽい丸い点が浮かびあがってきます。浮かびあがってこないときは最初からやり直します。

まぶたの裏の白い点をじっと見つめている、そのときの境地が無我一念状態だそうです。そして、その白い点もだんだん薄れて消えていってしまいます。その白い点が完全に消え去ったとき、そのわずかな瞬間が無我無念の境地で、心が空になるという状態なのだそうです。

その他に、ローソクの灯を利用する方法も紹介しています。やり方は黒い丸い点を凝視するのとおなじです。見る⇒目を閉じる⇒まぶたの裏にうつるローソクを消えるまで見る、の繰り返しです。ただしローソクの場合は、あまり長く見つめないよう注意が必要です。

今回は「第四章」についてまとめました。

この方法は「無我一念法」といい、著者はそれを「一点注視法」と呼んでいます。

私も試してみましたが、うまくまぶたの裏に白い点が出てこなかったりします。でも難しいことは何もないので、何度か繰り返すうちにコツがつかめるんじゃないかなと思っています。

次回は「第五章」についてまとめます。