ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


現代人は劣化している

昔に比べて今は、人々の生活の質は飛躍的に向上し、便利な世の中になった。戦争や金融危機やその他もろもろ不幸な出来事は起きているけれど、全体的にみて右肩上がりに便利な世の中になっている、と多くの人が疑いもなく思っている。

でも、便利で豊かな社会になった反面、人々の生き物としての能力は劣化しているように思えてならない。便利さの追求の結果、我々人間の行き着く姿は映画『ウォーリー』に出てくる人間のような、ただ座ってるだけであらゆるサービスを受けられるがために自分の足では動けない劣化した生物に成り下がる可能性だって十分ある。

現代は、経済至上主義とも言える状況で、しかも消費者自身が望むものというより売り手側(企業側)が自分たちの利益追求のために、何とか買ってもらえる商品を企画して売っているような印象がある。別に欲しくもないんだけど、マーケティングや販売促進の妙につられて物やサービスを買ってしまった経験は誰にでもあるだろう。

また、現代社会の消費者は目が肥えている。「これまでよりさらに良い商品」に慣れている。そのため売り手側も、より興味を持ってもらえるように努力する。その結果、より刺激的で印象的な方法になりがちだ。

現代人はより便利な商品やより刺激的なものにさらされ続けており、しかも相手側(売り手側)からどんどん情報がやってくるため、受け身になりやすい。その結果自発的な部分がどんどん退化していっているんじゃないか。少なくても僕自身を例にとると、年々その思いが強まっている。

一見便利で快適な生活をしているんだけど、自発的ではなく生物として生きている充足感を得られない。

ひとことでいうとこんなところか。

これからの時代、無節操に消費をするのではなく、自発的・自覚的に消費するスタイルがカッコイイ、と思われる時がくるんじゃないかなと思う。

そして自発的・自覚的になるには一度、何かと過剰になりがちなものを捨てる必要がある。
例えば
・モノ
・情報
・コミュニケーション
・カロリー
など。減らすことによって、これまで見えなかった微細なことに気がつくようになるのではないだろうか。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す