ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


第七章『中村天風から教わったやさしい瞑想法』読書ノートその10

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

「第七章」では、瞑想と坐禅の違いについて説明しています。

坐禅も瞑想もほぼ同じです。ただ坐禅というと、禅宗の修行という印象があります。瞑想は特定の宗教に限らず座って心をしずめる方法をさします。ですので数ある瞑想方法の一つが坐禅である、と考えてよいでしょう。

坐禅のルーツはヨーガです。ヨーガでは瞑想を「ディヤーナ」といいます。この「ディヤーナ」が古代インドから中国経由で日本に伝わり、日本独自に発展していったものが禅だと考えられます。

中村天風はヨーガの瞑想によって悟りをひらき、帰国後に禅宗も研究しました。その際ヨーガと禅のあいだに共通するものを発見し、自身の瞑想法を「ヨーガ式坐禅」とも呼称しています。

また瞑想という漢字以外に「冥想」という漢字が用いられることがあります。瞑想と冥想は、意味的には同じです。ただ「冥」には「冥土」「冥界」という単語があり、「死後の霊的な世界」を連想させます。そのため「冥想」よりも「瞑想」が広く使われるようになったと思われます。

今回は「第七章」についてまとめました。次回は「第八章」についてまとめます。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す