ホットヨガ体験レポート! ホットヨガの効果を体験

ずっと気になっていたホットヨガを、実際に体験してきました☆60分間のレッスンでしたが、めっちゃくちゃ汗かいて、爽快でした♪体験談をまとめたので、ぜひチェックしてみてください^^


第一章『中村天風から教わったやさしい瞑想法』読書ノートその4

何回かに分けて、『中村天風から教わったやさしい瞑想法』の読書ノートを書いていこうと思います。

今回は「第一章」の部分です。

「第一章」では、瞑想とは何かということについて、いろいろなアングルから説明しています。

瞑想とは、「なにも考えず、なにも思わない」状態になること

瞑想とは、「なにも考えず、なにも思わない」状態になることを目的としています。この「なにも考えず、なにも思わない」状態とは、「無我無念」の境地であり、「心を空(くう)にした状態」であり、「深い静かな心」の状態でもあります。

ちなみに空(くう)とは、禅で用いられる用語で、瞑想で「空」を感じたあとは、なんともいえない幸福感に心がみたされてくるものらしいです。

また瞑想の時の意識は、睡眠の時や夢をみているときのような意識ではなく、また覚醒時の意識ともまたちがうのだそうです。

瞑想の時の意識は、日常で経験している

瞑想というとなんだか神秘的でスピリチャルな響きがあり、さらには怪しく胡散臭い印象さえ持ってしまうのは僕だけではないでしょう。でも、瞑想の時に得られる状態というのは、日常でも経験していることなんだそうです。
例えば次のような例が挙げられています。
・なにか珍しいものを見てハッとするとき・・・意識が自然に明瞭になり、心が空っぽになる。その一瞬が瞑想に近い状態。
・いいアイディアやひらめきが生まれるとき・・・集中して考えぬき、休憩中やふっと気を抜いた時にひらめく時。そのひらめく一歩手前の時が瞑想に近い状態。

瞑想は今から約四千年以上前から行われている


そもそも瞑想とはいつからおこなわれるようになったのかというと、紀元前約二千年前ころには既に瞑想をしていた形跡があるんだそうです。インダス文明の中心都市であるモヘンジョダロという遺跡から、瞑想をする人の彫刻が発見されたのがその根拠とされています。インダス文明というと、最も古い文明の一つです。ということはある意味人間が人間らしい生活をするようになったときから既に瞑想が考案され、実践されていたといってもいいでしょう。

「無我一念」から「無我無念」へ


「なにも考えず、なにも思わない」状態へはどうやって至るのかというと、まずは何かシンプルな対象に意識を集中することから始めます。何かに集中している状態を「無我一念」といいます。そしてなにも考えず、なにも思わない状態を「無我無念」といいます。

集中の方法については第四章・第五章で紹介しています。
・真っ白な紙に黒いまるい点を見つめる「一点注視法」(第四章で説明)
・単純な音声に耳を傾ける「一オン(第五章で説明)

ヨーガの研究者に、エリーゼ・エヴェラルダという人がいるそうですが、その人は瞑想について次のように表現しています。
「心が静謐なとき、なんらかの真理を感得できる。瞑想はだから、自己を経験的にしる道である」
「瞑想は宗教的なものではないし、儀式でもない。瞑想は意識の拡大であり、絶対的な実在の内的次元を直接経験することである。・・・瞑想は宇宙法則を垣間見るプロセスである。・・・そして瞑想を体験した人は共感、調和、癒し、無条件の愛のなかで生きようという気持ちになる」

また天風の弟子という沖正弘は次のように表現しています。
「瞑想は人づくりの最高の行で、・・・自然治癒力を高める」
「瞑想をすると、天に自分の生命をお任せするという最高のくつろぎの状態になる」

今回は「第一章」についてまとめました。

瞑想というのは今から四千年以上前からおこなわれ、現在まで廃れることなく続いているものなんですね。実践者にとって役に立たなかったりメリットが何もなければこんなに長く支持されることはないでしょう。そういう意味で、信頼性のあるメンタルトレーニング方法なんだと思います。これまでは「瞑想=宗教信者が修行の一環として行うもの」と思っていたのですが、宗教や信仰心とは無関係なんですね。

次回は「第二章」についてまとめます。

スポンサーリンク

こちらの記事はお役に立ちましたか?

もしこちらの記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひブログランキングへの投票をして頂けると嬉しいです^^。


人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のトラックバック

コメントを残す