便利になっても幸せになれるとは限らない。便利だと感じることと、幸せだと感じることは別次元である。

今僕は便利で快適な生活を送っています。でも「便利で快適」だと感じているのは僕の個人的感覚であって、他の人も同じように「便利で快適」と感じるわけではないかもしれません。

例えば、職場まで毎日電車で1時間半近くかかる状況を不便だと感じる人はいるでしょう。都心から離れていてちょい田舎だから、クルマがないと何かと不便な環境で、近所でもクルマのない家族は我が家くらいなものなんだけれども、ないならないなりの生活をしています。

何が便利で何が不便かというのは、育った環境や価値観や周りの意見に左右されるんだと思います。

同じように、幸せというものも、自分自身が自分の現状をどう捉えるかによって変わってくるのではないでしょうか。僕は今の自分の状況を「不幸じゃないけどハッピーでもない」と感じているわけです。でもそれは、人によってはとても幸運でハッピーな状況と感じる可能性もあるわけです。いや大いに有り得ることだと思います。

現実をどう捉えるか、それが問題なんですね。

では現実をどう捉えれば、「あー俺は今サイコーに幸せだ!」と実感できるのか?

明石家さんまさんの座右の銘は「生きてるだけで丸儲け」らしいですが、まさにその心境こそが、毎日ハッピーに生きられる秘訣なんじゃないかなと思います。

ではどうやればその心境になれるのかというと、、、それはこれから考えていきたいと思います。

僕は今、不自由ない生活をしています。家族を養って生活に困らない程度の収入があり、豪勢な生活じゃないけど便利で快適な生活ができていると思っています。恵まれていると思っているし、感謝もしています。

それなのに、幸せだなぁと心底実感する機会が少ないのです。

贅沢な悩みだということは分かっているのです。それでも実感が湧かないのは事実なわけで、それを何とかしたいと思っているのです。「幸せだなぁ」とか、「俺、生きてる!」とか、「今日も一日頑張った!」とか、そういう充足感や満足感を感じられる日々を送りたい。

不便を感じていない生活をしていながら充足感や満足感、幸福感を感じられていない状況が続いて気がついたこと。それは、

便利になったからといって、幸せになれるとは限らない

ということです。

暮らしが便利で快適になることを否定しているわけではありません。もはや冷蔵庫や洗濯機がない生活はあり得ないし、ネットや携帯のない生活も想像できません。

でも便利になるのは嬉しいことなんだけど、それとは全然別の価値観として幸せというものは存在するんだということを最近よく思うようになりました。

幸せになる、幸せを感じて生きるためには、それに特化した努力というか取り組みをする必要があるんだと思います。

突然ですが僕は今、あんまりハッピーではありません。思い返せばずいぶん前からそうだったように思えます。大きな不安や不満があるわけでなありません。仕事もそこそこの職場だし、結婚して子供も授かりプライベートもそこそこ順調です。それにもかかわらず何をしても、心の底からの充足感が得られず、果ては何もする気が起きなくなってしまっている始末です。人生に対して不感症になっています。

うつ病とかそういうのでもないんです(たぶん)。ただただ何となく、パッとしないんです。気持ちの中に靄がかかっていて、いつまでたっても晴れ渡らないのです。

なぜこんな状態になってしまったのか、自分でも分からないのですが、ひとつの仮説として、心と頭、もしくは右脳と左脳のバランスが崩れてしまっているからではないか、と思っているのです。

仕事では生産性向上、効率化を求められ、左脳的作業を駆使しています。プライベートでも良き夫・良き父親として家族を支えようと頭で考えすぎているようなところがあります。そしていつの間にか人生に対して鈍感になり、幸せになりたいために頑張っているのにその頑張りのせいで幸せから遠のいているという事態に陥っているのではないかという気がしてならないのです。

この不感症な自分を何とかしたいと思い、自己啓発本やビジネス書を何冊も読みました。しかしどれも一過性のもので身につきませんでした。僕に根気がないだけかもしれません。ライフハック的な情報も一時期よく読みましたが、自分を変えるまでにはいたりませんでした。これは心の問題だ、ということで宗教なんかに救いを求められればいいんでしょうけど、無神論者の僕には魅力的には思えないのです。

僕は、とにもかくにも自分の人生をハッピーに過ごしたいのです。大金はいりません。いや実は欲しいですが、大金が手に入ることと幸せを実感できることとの間には相関関係はないように思えるのです。どんな状況でも、どんな事をしていても「幸せだなぁ」と実感できる状態が理想です。

その方法を探して、実践してみて、その経過をブログに残したいと思います。僕自身がこの先試行錯誤するためと、同じことを感じている方々へ共有したいからです。なぜ共有したいかというと、誰かをハッピーにすることができたらこの上なく自分もハッピーになれるという予感がするからです。

おぼろげながらイメージしている方向性として、探っていきたいテーマは次のとおり。

・名言
・瞑想
・日本の歴史や文化に関すること
・禅
・健康